医療報酬ファクタリング

医療報酬ファクタリングは、患者からの診療報酬などを債権に設定し、ファクタリング事業者が買い取って、現金化させるファクタリングの一種です。医療報酬のため、申込者の対象は、病院などの医療施設や介護施設となります。

3種類の医療報酬ファクタリング

医療報酬ファクタリングの債権に設定されるものとして、次の3種類があります。

診療報酬

文字通り、患者を診療して得られる報酬です。
診療報酬証明書が、ファクタリングの債権として採用されます。

調剤報酬

調剤薬局による、患者への医薬品の処方に対する報酬です。
債権として、調剤報酬明細書が設定されます。

介護報酬

介護事業者が、施設の入所者や訪問介護先などから受け取る報酬です。
ファクタリング債権には、介護保険給付費明細書が用いられます。

医療報酬ファクタリングが求められる背景

医療報酬の内訳は、患者から受け取った診察費(10%または30%)と、保険適用分の金額です。保険適用分に関しては、国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金に請求後、おおむね2ヶ月が経過した頃に医療施設などの口座に入金されます。

そのため、本来の診療報酬の70%~90%を受け取るためには、2ヶ月後まで待たないとなりません。その間にも病院の経営を継続するために、看護師などのスタッフへの給与や設備資金などが必要です。経営状況によっては、運転資金が不足することも想定されるでしょう。

医療ファクタリングは、早急な資金調達を可能とし、キャッシュフローを円滑にする働きがあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です