保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、文字通り、債権(売掛金)の保証として用いられるファクタリングの種類です。売掛先の倒産や経営破綻などによる、売掛金の回収不能に備える保険的な意味合いが強いかもしれません。

保証ファクタリングの流れ

・申込者の企業から、ファクタリング事業者への申し込み
⇒ファクタリング事業者による売掛先の与信調査
⇒与信調査の結果、保証限度額が決定
⇒売掛先ごとに、申込者の企業とファクタリング事業者にて保証契約を締結
⇒申込者の企業からファクタリング事業者宛に保証料の支払いがスタート

売掛先より、売掛金が無事回収ができていれば、特に問題はありません。
保証ファクタリングは、あくまでも、万が一の事態(倒産や経営破綻)のために備えたサービスです。

ただし、売掛先が倒産などに遭った場合、ファクタリング事業者より、申込者の企業に対して保証金が支払われます。

保証ファクタリングで得られる3つのメリット

売掛先の貸し倒れによる売掛金の回収不能を避けられる

保証ファクタリングの一番のメリットは、売掛先の貸し倒れによる売掛金の回収不能を避けられる点でしょう。保証限度額の範囲内であれば、保証金を受け取ることが可能です。

売掛先に対する与信審査の役割を代わりに担ってもらえる

特に新規取引先の場合、ファクタリング事業者に与信審査を代行してもらえることで、時間の有効活用にもつながるでしょう。

売掛先への通知をしなくても良い

ファクタリング事業者との保証ファクタリングの契約は、申込者企業との2社間が基本です。そのため、売掛先への通知をしなくても良い点もメリットとなります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です