国際ファクタリング

国際ファクタリングは、海外への輸出を行う企業が、輸入先より支払いが予定されている代金の回収率を高めるために選択するタイプのサービスです。海外企業相手の「保証ファクタリング」と捉えると、理解しやすいかもしれません。

国際ファクタリングの取引手順

申込者(輸出企業)より、ファクタリング事業者(日本国内)に対して、国際ファクタリングを申し込みます。

⇒ファクタリング事業者(日本国内)から、海外の提携ファクタリング事業者に、輸入先企業の与信審査が依頼されます。

⇒海外のファクタリング事業者より、与信審査の結果が、日本国内のファクタリング事業者に届きます。

⇒与信審査の結果を受けて、申込者(輸出企業)が輸入先宛に商品を搬送
⇒申込者(輸出企業)から、インボイスおよび搬送した商品の明細を送付

⇒ファクタリング事業者(日本国内)より、海外の提携ファクタリング事業者宛に、インボイス情報が届けられます。

⇒海外の提携ファクタリング事業者が、輸入先より、インボイスの期日に商品の代金を回収します。

⇒回収された商品の代金は、海外ファクタリング事業者より、日本国内の事業者に送付され、申込者(輸出企業)に届けられた時点で、取引の完了です。

国際ファクタリングで得られる2つのメリット

L/C(Letter of credit・信用状)が不要

L/C(信用状)は、輸入先の企業の指定銀行より、輸出商品の代金の支払保証をする手続きです。国際ファクタリングを利用することで、L/C(信用状)が不要となります。

代金の未払いを防ぐ

国際ファクタリングは、代金の支払いの延滞が確認されてから90日を経過した時点で、ファクタリング事業者より、保証金を受け取るシステムです。そのため、代金の未払いを防ぐことにつながります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です