家の印象をアップさせる

不動産の売却の仲介を不動産会社に依頼したら、それだけですぐに売れるとは限りません。もちろん購入希望者を見つけるために、不動産会社は販売活動をしてくれますが、実際の売却を成立させるためには、家の印象をアップさせることも重要なポイントです。

掃除をする

土地の売却であれば、購入希望者の都合の良い時間に見てもらえば良いのですが、一戸建てなどの場合、内覧をしてから実際の購入をするかどうかを決めることになります。

そのため、家の掃除をしておくことは、「この家を買いたい」と思わせるための第一歩となるのです。

玄関は掃除するのはもちろん、靴は靴箱に入れておき、トイレやお風呂も掃除しておきましょう。掃除した後に水滴を残さないのがキレイに見せるコツです。

リビングは雑誌などを整理整頓しておき、すぐに使わないものは押し入れなどに入れておきましょう。ベランダもゴミを取り除いておくだけで、印象がかなり変わります。

換気をする

内覧の日は、購入希望者が来る15分前には、できるだけ窓を開けて換気をするようにしましょう。住んでいる人はわからないのですが、その家特有の臭いが訪問した人にとって「すごく気になる」こともあるためです。

売主のイメージアップ

いくら良い物件であっても、売主が無愛想だったり、相手の質問にマトモに答えなかったりといった態度で接していますと、せっかく内覧に来てくれた人なのに、「ここだけは買いたくない」と思われてしまう可能性があります。

とはいえ、変に媚を売る必要はなく、普通に挨拶をして聞かれたことにちゃんと答えてさえいれば充分です。無理に好かれようとするよりも、嫌われない努力が大切です。