住宅ローンが払えない場合の売却方法

ある日突然、夫がリストラに遭ってしまい、住宅ローンの支払いに苦心するようになってしまいました。

夫も頑張って再就職先を探したり、妻である私もパートの時間を増やしてもらったりといったように、なんとかやりくりをしていたのですが、さすがに夫の再就職活動が難航していることから、10年住んだ家を手放すことにしました。

住宅ローンは30年で設定したため、残りは20年ほどなのですが、どうやら住宅ローンが残っている状態であっても、家の売却はできることを、パート先のスーパーでよく話すお客さんから聞いたことが、思い切って手放すきっかけとなりました。

4つの売却方法

家の売却は、大きく分けて4種類があり、どの方法を選ぶかによって、やり方も変わるようです。

1.通常の売却

不動産会社に仲介の依頼をして、買主(購入する人)を探してもらう方法です。

2.買い替え

不動産会社に仲介の依頼をするまでは、通常の売却と同じなのですが、まず持ち家の売却が済んでから、新たな家を購入することになる場合には、仮住まいを探したり、2回の引っ越しの手間がかかる点があります。

一方で、新たな家の購入をしてから、元の家を売却する場合には、仮住まいの心配はありませんが、資金に余裕がなければ買い換えローンの手続きをすることもあるようです。

3.競売

住宅ローンの支払いが6ヶ月滞った際に、競売物件として入札されることになります。

4.任意売却

競売にかけられる前に、不動産会社によって買主を探してもらう方法です。