不動産仲介手数料に関するトラブル①

不動産仲介業者に依頼することで、マンションやアパート、一戸建てやビルなどの売買を、非常にスムーズに進められるメリットがあります。

特に法律が絡む問題は、専門家でないとなかなか対処が難しいのではないでしょうか。このサイトでは不動産仲介業者との間でありがちなトラブルと、その解決法について解説していきます。

仲介手数料でありがちなトラブルとは?

物件の売買契約が成立した際に、不動産仲介業者から請求されるのが、仲介手数料です。基本的には成功報酬のため、売買契約が結ばれた時点で発生します。契約がまとまらなければ、仲介手数料を請求されることはありません。

仲介手数料の上限額

仲介手数料は、400万円超の売却価格の場合、(売却価格×3%+6万円)×1.10(消費税)にて「上限額」が算出されます。仮に3000万円の物件であれば、(3000万円×3%+6万円)×1.10(消費税)=1,056,000円が仲介手数料の「上限額」です。

上限額ということは、それ以下の金額で仲介手数料を設定しても問題ありません。先述した3000万円の物件の場合、仲介手数料をキリの良い「100万円」とすることも可能です。

ただし、仲介手数料の金額については、仲介を依頼する際の「媒介契約」の時点で相談しておくことをおすすめします。契約締結後に値下げ交渉をするのはやめておきましょう。

仲介手数料は、不動産仲介業者の大切な収入源です。物件情報の広告費用に使われる他、事業を維持するための経費などに充てられます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です