買取ファクタリング(2社間/3社間)

買取ファクタリングは、企業の売掛金を債権として、ファクタリング事業者に買取をしてもらう資金調達の方法です。

ファクタリング事業者は、売掛金の査定額を、前渡金の形で、申込者の銀行口座に入金します。

その後、売掛金が回収された時点で、ファクタリング事業者に売掛金の査定額を返済し、同時に手数料の支払いをして取引の完了です。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、申込者の企業と、ファクタリング事業者の間で行われるファクタリングです。売掛先の企業に、ファクタリングを実行していることが知られない点が、メリットと言えるでしょう。

申込者が売掛先より、売掛金を無事回収することが前提となるため、回収できなかった場合を想定し、手数料を多めに設定する傾向があります。

早ければ即日から3日ほどで、ファクタリング事業者より、債権買取額の入金が期待できるでしょう。

3社間ファクタリング

2社間ファクタリングに、売掛先の企業を加えたファクタリングです。

売掛先に、債権譲渡通知をすることが必須となります。
つまり、ファクタリング取引をすることが、売掛先に発覚するということです。申込者の企業イメージへの影響は避けられないでしょう。

ただしその分、2社間と比較して、売掛金の回収リスクが減少するため、2社間よりも手数料が少なめとなることがほとんどです。

債権(売掛金)をファクタリング事業者に譲渡することから、売掛金の回収業務がファクタリング事業者に移行します。債権(売掛金)の買取という意味においては、3社間の方が近いかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です